新車キッチンカー販売(キッチンカー相談センター限定車)

キッチンカー相談センター限定の軽トラックベースキッチンカーです。
このスペックでこの価格は他に類を見ないと自負しております。
下記にてスペックを掲載しておりますので、検討ください。

 

名称:キッチンカー K660 価格:¥2,298,000(税別)

車体は新車、箱部も新品となります。

キッチンカーK660 正面

キッチンカーK660 正面

キッチンカー K660 側面

キッチンカー K660 側面

キッチンカー K660 背面

キッチンカー K660 背面

※写真はフルオプションのイメージです。

キッチンカー K660 詳細

【車両】
車種:スズキ キャリイ(新車ベース)
グレード:KCエアコン・パワステ
車名・型式:スズキ・EBD-DA16T
排気量:0.658L(軽自動車)
注:8ナンバー取得に際にBOX床面積の50%が什器で埋まっている必要がありますが、標準装備のままだとこの要件を満たしておりませんので、コールドテーブル、フライヤー、作業台などのオプション取り付けが必須となります。8ナンバーはキッチンカーの荷台を外さず車検が通ります。

【箱部】標準装備
素材:アルミフレーム/アルミ複合パネル
箱内照明:天井1燈(Panasonic製スイッチ付)
販売窓:1面(側面)
換気扇:1機(150 250角、換気扇カバー付)※容量不足の為250角にパワーアップ
扉:1扇
ドアストッパー:1
外販売窓ダンパー:一式
床面アルミ縞板:一式
コンセント3口:2箇所
外部電源入力端子:1 2(コード2m付)※社外からの電源取りと室内にバッテリーを置くことを想定し2つに増強
二層シンク(50L、給排水用タンク2個(計100L) 水栓2個)

(オプション)
二層シンク(100L、給排水用タンク2個(計200L) 水栓2個) 97,000
三層シンク(100L、給排水用タンク2個(計200L) 水栓3個) 127,000
販売窓上部棚(W1400まで) 22,000
販売窓ガラス(4枚引き違い、アクリル・クリア) 23,500
リーゼント部スライド扉(4枚引き違い) 15,500
販売後部窓 80,000
コールドテーブル(冷蔵/冷凍) 133,000(参考)
フライヤー/コンロ/焼き台 100,000(参考)
シトロエンバス/ワーゲンバス パーツ 300,000(参考)
塗装 400,000(参考) ※艶消しなら自分で塗れます(オススメ)

(別途:諸経費等)
加工車8ナンバー登録費用/名義変更費用 219,940

【制作メーカー】セタスタガレージ

コメント

キッチンカー相談センター限定のキッチンカーです。
キッチンカー運営者の立場で考えたら、軽トラックベースでは新車以外ありません。
さらに言えば、パーツは国内調達が可能な国産以外使えません。
なので、無理を言ってセタスタガレージさんに純国産で新車ベースのキッチンカーを限定で作って欲しいと折衝を重ねて実現しました。

なぜ、このキッチンカーをオーダーしたのか

それは私がキッチンカーを作るときに失敗をたくさんしたのですが、その失敗を全て削って、欲しいを盛り込んでいったらこの形になったからです。
新車での作成は、各キッチンカーメーカーが嫌がります。
理由は中古車であれば販売会社が値段は自由に決められますので、ここでも利益を乗せることが可能だからです。
つまり、新車にした場合は販売会社の利益幅が減りますので、オススメされない訳です。
だからこそ、キッチンカー相談センターでは新車にこだわりました。
ちなみに、納車は中古車よりも約2ヶ月遅れます。
ただしそれを鑑みても、圧倒的なメリットがあります。
一番の理由は壊れない。
中古車で作ったキッチンカーは車でガタがきます。私はそうでした。
そこで全て新品ですから、壊れませんよ。

万が一の場合も安心

で、もし万が一何かがあった場合でも、

  1. 車はディーラーさんが面倒を見てくれます。
  2. 箱部はセタスタガレージさん(制作会社さん)が面倒を見てくれます。
  3. 設備は各メーカーさんが面倒を見てくれます。

因みに国内調達部品にこだわったのは、遠くのお客様が購入した場合、世田谷は遠いとなった場合でも、近所の大工さんや工務店で直すことが可能だからです。
やれちゃう人は日曜大工でも直すことが可能です(安全性は自己責任ですが)
だから、この キッチンカー K660 を作ってもらいました。

結果、激安キッチンカーが生まれる

2021年1月現在調べた限りでは、名の知れたキッチンカーメーカーさんの価格よりは、100万円は安い、激安キッチンカーと思われます。
因みに、他のメーカーさんは金額はオープンにしていません。
個別に面談した上で金額が出てきますが、事前にページで見えていた金額とは結構解離していたりすることがあります。私が検討して回っている時はほとんどホームページに金額は出ておらず、出ていたとしても個別面談を経て見積をもらうとホームページの表記より100万円以上高い見積が出てきていました。
なので、今回は業界が正しく回ることを祈りつつ、全て詳細まで公開してこのK660がいずれ基準になればいいななんて思っています。

高品質低価格の秘密

因みに、なぜここまで高品質でここまで安くできたかと言うと、私がそこまで利益を必要としていないからです。
まず第一に、台数を一定数以上販売することを約束するから制作会社さんに利益を減らしてもらいました。
もちろん、かかる経費はもらわないとただの価格破壊になってしまうので経費だけは盛りこんでもらっていますけど極端に安くしてもらっています。
第二に、プロフィールにも書きましたが、私は世界最大のファン協会 日本唐揚協会 の会長をしておりまして、キッチンカーがただ大好きな男であります。
好きすぎてキッチンカーを自分で作ってしまうくらい好きです。こんな幸せな車はありません!
そんな中でキッチンカーも作るし商売もして得たノウハウがある訳です。
で、本業は協会やその他の事業がありますので、そこでそれなりに生きていけます。
と言う訳で、もしあなたがキッチンカーを買ってみようと思った場合、私のキッチンカーノウハウが全部注がれた制作会社との直接取引となって、間のコストが全部カットできるので、高品質で低価格が実現できると言う訳です。

まとめると

制 作 会 社 → できる限り安く(台数を一定数以上)
↓  ↓
↓ 販売会社 → 私、ノウハウ提供(利益必要なし)
↓  ↓
あ な た → 高品質、低価格なキッチンカーGET

そんな感じで、ぜひ検討の一つに加えてみてください。

購入を検討されている方は、下記お問い合わせより「キッチンカー K660見積依頼」をお選び頂き送信ください。
基本的には、上の金額をただ足した見積書をご提出することになります。
分かる限り希望のオプションも記載頂ければありがたいです。
オプションにないものもぜひご相談ください。
いずれにしても詳しくはお電話などで説明しますので、ご安心ください。