新車だとそれなりにかかる

キッチンカーでの開業を目指す際、最も大きな投資案件となるのが、店舗となる「車両」です。ベースとなる車両本体の購入費用に加え、店舗部分のコンテナ架装や塗装・ラッピングにかかる「外装費用」や、作業台や陳列台、設置運転席との仕切りなどにかかる「内装費用」、そして水回りや換気扇、冷蔵冷凍庫や電気系統などにかかる「設備費用」も重なってきます。固定店舗に比べるとかなり格安…とはいえ、全てを新品で揃えようとすると、数百万の費用がかかってくることとなり、それなりのハードルとなります。なので、良質な「中古品」や「手作り」を織り交ぜ、まさかのための運転資金を残しての万全な開業を目指すオーナーも少なくありません。

新車のざっくり費用

それなりにかかる新車でも、圧倒的なメリットもあります。それは長く使えるということです。意外とかかるのがメンテナンス費用です。とはいえ、新車は軽トラックタイプでない限り値段が高くて選択肢に入りません。軽トラ以外の大きなもの、もしくは軽バンタイプの小さいものは、車は中古車で程度の良いものを探すという選択肢以外はないかもしれません。1tトラックや1.5t 2t は値段が張り普通に200万円以上しますし、軽バンは安くて程度の良いものが結構あるからです。新車(車=新車、箱=新品)でのキッチンカーであれば230万程度からあり、中古車ベース(車=中古車、箱=新品加工)のキッチンカーは260万程度となります。詳しくは下記にて紹介しています。時間をコストと捉えてスピードを上げる場合は下記の車も検討できるでしょう。

K660キッチンカーバナー
SK1500バナー

可能な限りは中古や手作りで

一旦先のことやメンテナンスのことは置いておいて、店舗となる「車両」は、中古からも探してみましょう。50万円以下でも、ベースとする分にはキレイと言える車両は見つかります。優良な中古車販売店が登録している検索サイトがたくさんありますので、まずは、タイプや年式、走行距離、カラーなど希望の条件を入力して、好みの車両をリストアップしましょう。その車両が足を延ばせる範囲の展示場にあるなら、実物を見に行くことをおススメします。そして、ベースが用意出来たら、内装と外装の工事に着手するわけですが、専門業者に任せるという選択肢はいったん据え置き、手作りできるところは手作りするようにすると、よりコストが削減できます。目に見える外装の工事は専門性が高く、あまり現実的ではありませんが、内装なら友人を誘っての週末DIYで、というオーナーは多い様子です。開業にはそれなりの準備期間を要しますので、息抜きも兼ね、オンリーワンのクルマを作ってしまいましょう。

新旧織り交ぜて、ベストな着地点を

中古でキッチンカーそのものを入手できる場合もあります。当然、車両本体価格は割高ですが、内装を含めた基本設備がそのまま残っていて、保健所の許可基準に沿う状態(※地域によって基準は違うので注意)のものも出回っているので、予算と手間のトータルで考えればかなりお得となる場合があります。厨房設備が外された状態だとしても、リサイクルショップでの取扱いはもちろん、オークションやフリマサイトに出品されている場合もあるので、新品での見積もりと照らし合わせながら、いいものが中古で見つからない場合のみ新品で…といったスタンスで、スタートアップ費用を軽減していくのもいいかもしれません。ただ、現実ラインとして良い中古車に出会える確率は結構低いです。販売している中古車屋さんはキッチンカー屋さんではないので、本当の意味でのモノの良し悪しを見ることができませんので、確率が下がることは仕方ありません。それでも経費を落とす上で、お値打ち品があれば、これほどは有効な手段なのは間違いありませんので、一通り見ておくことは重要です。キッチンカーを見る目も養えます。

とりあえず話を聞いて知識を得る

キッチンカー相談センターでは、ただのキッチンカーマニアである私が相談を受けております。普通にご自身の状況をお伝えいただいて、それに合わせた情報を提供することもできますし、セミナーなども開催し始めましたので、そちらにお申込して頂くのも手っ取り早く夢を形にすることになりますので、ぜひ踏み出してみてください。私もあなたと同じ立場でしたので、その辺りからお伝えすることができると思います。

夢のキッチンカー成功の道 セミナー

上記画像よりセミナーの詳しい内容をご確認ください

 

個別の相談は随時受け付けています。
下記より、あなたの詳しい現状をお伝えいただければ、より的確なアドバイスができますので、宜しくお願い申し上げます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓